2011年07月31日

アピオス

#(824)s.jpg

庭に張ったネットに絡んで、1cmほどの小さな花がかたまって咲いていた。アピオスだった。以前食用に植えたけれども、たいした収穫がなく放ってしまった。それがしぶとい雑草になって、毎年つるを伸ばして花を咲かせる。

#(826)s.jpg

ここではたくさんの花が咲くが、こんなえんじ色は珍しい。それに不思議な形をしている。真ん中にアーチ状の柱があり、その先は天井にはめ込まれてしっかり支えているかのようだ。マメ科の花だからこの柱は竜骨弁で、普通は前方に突き出しているものだ。これは実は鞘になっていて、虫が止まると重みで下がって、すると中に隠されている雄しべ雌しべが出てきて虫の体に触れる仕組みだ。しかしこの花だと旗弁にしっかり固定されていて簡単には外れそうにない。それでは受粉できず意味がない。実際日本ではまず豆はできないそうだ。

それはともかく、この花の香りにはびっくりする。爽やかとか甘酸っぱいとかよくある香りでは全くなく、アラブの王様のハレムにでもふさわしいようなむっとするほどのものだ。この花園にミツバチを放したら秘伝の蜂蜜でもできそうな気がする。もしかしたら原産地には、この香りに狂喜して柱を倒すほど暴れて、そして受粉を助ける特大のハチでもいるのかもしれない。

#(825)s.jpg

上から見るとまた全然違った印象の花になる。赤みがかった淡いクリーム色がとてもきれいだ。そして戦国時代の兜でも思わせるような不思議な形だ。

#(834)s.jpg

葉はマメ科らしく複葉だが、ちょっと変った形なので他の雑草と容易に区別できる。毛虫など害虫はつかず無農薬で育てられるという触れ込みだったが、あちこち食い跡がある。このあたりに多いきれいな黄色のカタツムリの仕業のようだ。また何でも貪り食うツチイナゴも葉の上で時々見かける。

アピオスは北米原産でネイティブ・アメリカンの食料だったそうだ。といっても食べるのは豆ではなく肥大した根だ。冬に地上部が枯れた後、掘り出してみると縄のような根が長く伸びていて、そこに数珠のようにイモが連なっている。大きなものは5cmにもなるというが、残念ながら我が家では2〜3cmほどのものばかりだった。なぜか黒く傷んだ部分も多く、結局食べずに放り投げてしまった。それが雑草化して毎年花を咲かせている。しかしこのイモは栄養価が高くて健康食品として高値で流通しているのだそうだ。ヤマイモのムカゴのような感じで調理法も同じだという。しまった、ムカゴは大好物なのにと今になって後悔する。

なおアピオスの正式名はアメリカホドイモというのだそうだ。もともと日本にホドイモという野草があるそうで、同様に根が食用になり郷土料理などに利用されているという。日本全土に分布しているそうだが今まで知らなかった。ぜひ見てみたいものだと思ったが、残念ながら屋久島にはないのだそうだ。
posted by 夜泣石 at 06:03| Comment(0) | 花草木 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。